授業科目・授業の方法と内容

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)


大学院

文学研究科

本研究科の教育目標を達成するために、次の方針に基づく学修・研究課程を編成しています。

  1. 各専攻には、複数の講義科目・演習科目を体系的に設置し、高い学識の修得、ならびに高度な専門的研究能力の育成を目指す。
  2. 修士論文作成のための特別演習科目、博士論文作成のための特論科目を設置し、各自の研究テーマ、研究計画に基づき、指導教員による個別の研究指導を行う。
  3. 専攻によっては、研究科内の他の専攻や他の研究領域の科目履修も認め、学際的な視点を育成する。
生活機構研究科

本研究科の教育目標を達成するために、次の方針に基づく学修・研究課程を編成しています。

  1. 各専攻には複数の研究科目と指導教官と行う演習科目、論文作成のための特別研究科目が配置され、体系的に研究手法や専門性を修得・深化させるカリキュラム編成がなされている。
  2. 専門関連領域の指導教官以外の研究科目を履修することにより多角的な研究活動と関連分野を含めた総合力が養える。
  3. 専攻によっては国内外のフィールドワークを通してより一層のキャリア形成・国際感覚・コミュニケーション力が育める。

大学全体

学修・研究
  1. 全学生を対象に「一般教養科目」、「外国語科目」、「諸資格関連科目」を設置し、さらに各学科の「専門教育科目」の一部を「一般教養科目」として履修することができる。幅広い知識を修得し、自らの専門に偏ることなく多角的な視点から真理を探求する姿勢を育む。
  2. 各学部・学科に「専門教育科目」を体系的に設置し、専門的な知識・技術や研究方法を教授する。
  3. 各学部・学科に初年次教育科目を配置し、学習技術や自主的思考力を修得させる。また、全学生が履修する「実践倫理」、「キャリアデザイン入門」、「日本語基礎」では研究姿勢やキャリア形成の基礎を学び、日本語のコミュニケーション力を磨く。
  4. 所属学部・学科の専門分野を主専攻としながら、目的や関心に合わせて複数領域を系統的に学修して副専攻とすることができる。副専攻履修を学生に推奨し、複眼的な視野を持たせる。
  5. 米国ボストン校を設置し、全学生にボストン留学を推奨している。語学プログラムに加え、専攻に関連した体験型プログラムを実施し、海外体験や社会貢献の機会を用意している。ヨーロッパやアジア圏への留学制度も充実させ、国際感覚に基づいた行動力を育む。
人格形成
  1. 学科単位で毎年一定期間の宿泊研修を実施し、人間的触れ合いを深めて自主性や協調性、奉仕の精神を養う。この集団研修を通じて、社会に貢献できる資質を育む。
  2. 本学と地域が協働して課題に取り組み、学生が専門知識を活かしてコミュニティサービスを行う場を用意している。学習内容を定着させ、現代的課題に具体的に取り組む姿勢と力を養う。
  3. 国内外の研究者や文化人、芸術家による講演やコンサートを、年間を通じて多数開講している。この「文化講座」は世界の優れた芸術文化に直接触れることにより、自己確立や創造力の育成、精神的、情操的な成長を目指している。
  4. 生涯を見据えたキャリア教育を行う。基礎的スキルを高めながら自己理解を深め、人生を生き抜く意欲と自信を持てるよう指導する。職業理解を深めるため、全学生にインターンシップを奨励する。
学生支援
  1. 各学科のガイダンスやクラスアドバイザー、ゼミ担当教員の助言により、個人の目標に合わせて適切な科目を選択し、体系的な学修がすすめられるよう支援する。
  2. 各学科のゼミは少人数で運営し、身につけた知識、論理的思考力、表現力を十分に活用し、研究成果として結実できるよう 個別指導を行う。

人間文化学部

日本語日本文学科

言語文化を多角的な視点から捉え、日本語・日本文学に対する理解を深めるとともに、社会人として活躍できるコミュニケーション能力の育成を目的としています。具体的には、専門的知識に加えて、「読む」「書く」「聞く」「話す」力を身につけ、表現力を磨くことを目指し、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 日本の言語文化に幅広く接して、学べるように、日本語学・日本文学・日本語教育の3分野について、多様な講座を開設している。
  2. 初年次から最終年次に向けて、基礎的な内容から高い専門性へと、実力が段階的に伸展するように、カリキュラムを体系的に組み立てている。
  3. 1年次から開設する少人数クラスの演習を通して、問題解決能力を育成し、社会人として活躍するための基礎力を養う。
  4. ITスキルや実践的な文章表現、またコミュニケーション能力の開発などキャリア支援に関する科目を開設している。
英語コミュニケーション学科

国際社会で必要となる基礎力の定着、英語力とコミュニケーション力の育成を目的として、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 在学中に1セメスターのボストン留学プログラムを体験する。希望者および一定基準を満たした者は、2または3セメスターの留学プログラムで実践力をさらに磨くことができる。
  2. 専門科目では、主専攻科目と学科独自の副専攻科目(英コミ一般教養テーマスタディ)を配置し、ボストン留学と合わせて有機的な学修を奨励することで、深い知識と洞察力を培う。
    • (1) 主専攻科目群では、英米文学・文化、英語研究、英語教育、メディアコミュニケーション、ビジネスコミュニケーションの5領域の専門科目を編成し、講座を体系的に配置している。
      (2) 英コミ一般教養テーマスタディでは、社会事情、福祉・ボランティア、ビジネス、西洋と日本の芸術、日本語教育の科目群を編成している。
      (3)  ボストン科目では、習熟度別の少人数クラスと米国のボランテイアやコミュニティサービスを取り入れた実践的カリキュラムを編成している。
  3. 初年次からゼミ形式の少人数クラスを運営している。1・2年次でコミュニケーションスキル、論理的思考力、問題解決力などの基礎を修得し、3・4年次では専門性を深め、卒業論文・卒業制作を仕上げる。
  4. 初年次からキャリア教育を用意し、様々な分野で活躍する社会人を招いたオムニバス講義を設定することで、ロールモデルを示しながら職業観を育む。
  5. Eラーニングを授業の一部に組み込み、全員がコンピュータを持つことで、高度なITスキルを養う。
  6. 学内外においてインターンシップやコミュニティサービスの機会を設け、主体性やリーダーシップ、協調性を磨く。
歴史文化学科

日本や世界の歴史と文化を体系的に学び、諸国・諸地域の多様な文化を理解し尊重するとともに、社会で求められる実践力の育成を目的として、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 歴史・地理、美術・民族の文化、考古・文化財の幅広い4分野について基礎・概論から発展授業の特論へと体系的に学修し、専門ゼミで完結させる。総合的かつ多角的に歴史と文化を理解するために、少人数制のゼミに力を入れ、実習・体験重視の講座を多く開講している。
  2. 専門分野の基礎講義から特論講義を段階的に履修することによって、問題点を見いだし、それを解決する方法を習得し、多くの情報を整理・分析できる力を養成する。
  3. 遺跡発掘や研修旅行などで、見て、触れて、歩いて学ぶ体験学習法の基礎を身につけ、国内外での発掘等、体験の場を通して多文化への理解を深める。
  4. 教職・学芸員・考古調査士等の専門職に対応し、さらに、文化財修復技術・文献取扱技能・民俗調査技能などを習得する。
  5. 取材能力、情報コミュニケーション力、ツーリズム・ホスピタリティなどの実践的なキャリアスキルの習得にも力を入れている。
国際学科

複数言語修得と国際社会に通用する能力の基礎を育成することを目的に、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 複言語科目群では、国際言語の英語に加え、地域言語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、ベトナム語、中国語、韓国語から選択)を並行して集中的に学ぶ。様々な国や地域への留学制度を用意し、原則1セメスターの海外留学を必修とすることで、高い語学力、異文化への深い洞察力を育成する。
  2. 国際社会・多文化共生、日本研究、地域研究科目群では、国際社会の仕組み、日本の文化を含めた様々な社会・文化に対する理解を深め、多角的な視野を養う。
  3. 国際貢献・グローバルキャリア科目群では、将来のキャリアを視野に入れ、職業人として実社会で必要となる実践的知識とスキルを修得する。
  4. 国際ボランティア、インターンシップ、オフキャンパス・スタディなどの体験型プログラムを通し、行動力とリーダーシップを磨く。

人間社会学部

心理学科

特定分野に偏らない心理学的知識・視点と、対応する技術スキルの習得を目的として、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 心理学の主要な分野を網羅する基礎的科目と充実した応用的科目を開講している。体系的に無理なく学修できるよう、1・2年次に必修の基礎的科目を、2年次以上に選択必修の応用的科目を配置している。
  2. 心理学に関する授業科目は、方法論、発達心理学分野、社会心理学分野、認知心理学分野、臨床心理学分野、演習(ゼミナール)・卒論の6グループに分類され、発達・社会・認知・臨床の各分野から複数分野を並行して履修できるよう、科目を設定している。
  3. 上記2.の授業科目は、講義形式だけでなく、体験的に技術スキルを習得する実験・実習科目や、地域と協働して課題に取り組むコミュニティ・サービスラーニングの科目も開講している。
  4. 卒業論文作成を目標としたゼミナール形式での指導を重視している。3年次以上のゼミは少人数で運営し、各自の関心あるテーマで卒業論文をまとめることができるよう、ゼミ担当教員が研究指導を行う。
  5. 卒業後に社会で必要となる能力をバランス良く習得できるよう、各科目を履修することによって身につく知識や能力を示した履修モデルに基づき、大学院への進学を含めた将来の進路選択・キャリア形成を見据えた履修計画を立てるよう指導する。
福祉社会学科

多様な人々がその人らしく生きることができる福祉社会の形成に参画する人材の育成を目的として、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 社会福祉に関する研究・課題発見能力、論理的思考力や分析力をもった社会福祉士・精神保健福祉士・保育士を養成します。
  2. 国際・多文化社会に対応するさまざまなソーシャルワーク実践力を修得できます。
  3. 少人数による多彩なフィールドワークを用意し、体験型プロジェクトの科目を開講しています。
現代教養学科

社会科学、人文科学、自然科学の現代的教養を土台に、「分析する力」と「ことばの力」をもって、積極的に社会参加できる人を育成するために、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 社会科学の基礎を学ぶとともに、ソーシャル・スタディーズ、メディア・スタディーズ、グローバル・スタディーズの3コースで横断的な視点を身につけ、現代的諸問題を総合的に把握、対応できる思考力を養成する。
  2. 生涯のキャリアプランを描ける自立・自律した人材育成を目指し、キャリア形成科目群やインターンシップを通じて職業意識の涵養を目指す。
  3. 語学(日本語、英語、外国語)、ITスキル、プレゼンテーション能力、社会調査法のスキルを習得し、社会で活動するための基礎力を養成する。
  4. 国内外の学外研修を通じて、社会に主体的に働きかける力を養成する。
初等教育学科

子どもの心身の発達と成長を期待し、一人ひとりの個性や能力を引き出し、人格の形成に向けて的確な指導・援助ができる教育者・保育者の育成を目的として、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 教育教養科目群により、人間形成の原理と基本的な教育理論、現代社会における教育課題について学び、教育者・保育者に不可欠な教育教養を身につける。
  2. 基礎技能科目群により、学生一人ひとりの基礎的な知識や技能を定着させ、応用発展科目群により、その基礎力をさらに向上させるとともに応用力を身につける。
  3. 体系的に配置されたカリキュラムにより、段階的に小学校・幼稚園の教育職員免許状・保育士の資格取得に必要な科目を修得する。
  4. 学園内外の小学校、幼稚園、保育所、子育て支援施設などでの体験学習を通して、乳幼児・児童の実態、教育保育現場の実際に触れ、理解を深めるとともに職業意識を高める。

生活科学部

環境デザイン学科

あらゆる分野に求められる快適で美しい環境デザインに貢献できる人材育成のために、4つのコースを用意し、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 初年次は、多様な環境の理論とデザインに関する基礎科目群を学びながら、コースを選択する。また、プレゼンテーションの基礎となるCGやCAD などのコンピュータ科目、デザインの基礎となる演習・実習科目、個々の状況に合わせて受講する基礎学力フォロー科目など、総合的に基礎力を養う。
  2. それぞれのコースに進み、多様な専門講義科目を学び、その応用として充実した演習・実習科目に取り組み、豊かな知識を基にデザイン力とプレゼンテーション力を養う。また、演習等にはチームを編成して取り組む課題がありコミュニケーション力も育む。
    • (1) デザインプロデュースコースでは、多様なデザイン業界で企画総合力を発揮できるよう、企画・プレゼンテーション・語学・パソコン等の能力を養い、幅広くデザインする能力を養う。
      (2) 建築・インテリアデザインコースでは、JABEE認定プログラムや大学・大学院一貫の教育課程などを通じて、インテリアから住居・建築・都市といった幅広い分野で活躍できるように、基礎学力、企画力、表現力、デザイン力を養う。
      (3) プロダクトデザインコースでは、パッケージから広告・編集・製品本体までのプロダクト全体をよりよくデザインできるよう、観る力・考える力・知る力・創る力を養う。
      (4)  服飾デザインマネジメントコースでは、アパレル業界で広い視野をもち活躍できる人材を育成するため、衣服の企画生産から小売り・管理運営まで総合的な知識とスキルを養う。
  3. 高学年では、著名デザイナーの特別講義や演習、インターンシップやデザイン事務所や大手企業での学外実務演習、チームを組んでの学内・学外イベントへの出品など、実社会の実態やレベルを体験する機会を多く設け実社会に通用する力を養う。
健康デザイン学科

栄養士養成を基礎としています。その上で、食品、感覚、運動の各分野に展開できる以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 初年次教育として化学、生物、微生物、調理、統計情報処理を設定し、講義および実験実習を通して専門知識を学ぶための基礎を養う。また、外国語科目は科学英語の特別カリキュラムにより教育を行っている。
  2. 栄養士としての基盤となる能力を培う専門科目では、生物学的な観点から人体の構造や生理を理解し、食品成分とその有効性を中心に学ぶ。
  3. 実習科目や学外実習を配置して、栄養士としての能力を身につけて社会で活躍できる実践力を養う。
  4. 食品、感覚、運動の領域科目を展開し、健康を多面的にとらえ、社会的、文化的生活の質の向上に貢献する能力を養う。
  5. 目標として設定したキャリアの実現に向けて、種々の資格取得のためのカリキュラムや研究活動の基礎を学ぶ講座を設定している。
管理栄養学科

病院・福祉施設等におけるチーム医療や栄養行政の現場で、専門的知識を活かして活躍できる人材の育成を目的として、以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 化学、生物、微生物、調理、統計情報処理を基礎科目分野として設定し、講義および実験実習を通して専門知識を学ぶための基礎を養う。また、外国語科目は科学英語の特別カリキュラムにより教育を行っている。
  2. 社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康を専門基礎科目分野とし、講義および実験実習を通して、専門知識の基礎を養う。
  3. 基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論を専門科目分野とし、講義および実験実習で学ぶ。さらに総合演習を経て、3年次後期の学外実習の臨地実習で専門的知識及び技能の統合を図る。
  4. 実践的知識と技能を学ぶ選択科目を導入し、将来のキャリアを視野に入れ、より高度な専門的能力を養う。
  5. 大学院進学や社会の要請する研究開発能力を卒業研究等で養い、総合的な力を身につけた人材を養成する。

グローバルビジネス学部

ビジネスデザイン学科

経済・ビジネス領域を中心に、現実の問題に鋭くアプローチするための知識の習得をめざして、以下のカリキュラムを編成します。

  1. ビジネスのデザインに求められる5つの知の領域(「顧客づくり」、「組織づくり」、「経営資源づくり」、「視野づくり」、「経済学的思考」)が設定されており、基礎から応用に至る理論体系を学ぶことができる。
  2. ビジネスに必要な英語力と国際感覚の習得を重視し、学生は在学中に1セメスターのボストン留学プログラムを経験する。一定基準を満たした者は、アメリカ(ボストン地域)の提携大学において2または3セメスターの正規留学が可能である。
  3. 化粧品、ファッション、金融、流通、ICT、航空をはじめとして、エネルギー、自動車、素材産業などより企業現場を熟知した実務経験者(大手企業の取締役経験者等)を招いて講義を行う。現実のビジネスに応用する力をつけるために、具体的な業界の特性分析や事例研究を講義で行う。さらに学生は課題解決型プロジェクトに参加し、グループディスカッションやビジネスプランニングを行うことにより、問題を発見し自ら解決する能力を養う。
  4. 人、組織、資源を良く活かすために、経営学や経済学の考え方、理論を、少人数制のゼミナールを通じて学ぶ。
  5. キャリア教育、インターンシップ、ビジネススキル科目を習得し、ビジネスで通用する実践的なスキルを高める。

ページの先頭へ


トップページへ戻る